SCORE CARDBACK NUMBER

“変人”本田と錦織にヒント。綿貫陽介は、ひと皮むけるか。~本田圭佑に「大丈夫かな、この人?」~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/09/30 09:00

“変人”本田と錦織にヒント。綿貫陽介は、ひと皮むけるか。~本田圭佑に「大丈夫かな、この人?」~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

綿貫にとって今季はジュニア最後の年。全米で四大大会ジュニアの最高成績をマークした。

 全米ジュニアで優勝を狙った18歳、綿貫陽介は4強止まりだった。すでにプロ転向を済ませ、今年、国内の下部ツアー2大会を制した。3月にジュニア世界ランクを2位に上げたが、「四大大会で勝たなきゃ意味がない」と全米のタイトルを取りにいった。しかし、準決勝では緊張もあって力を出せなかった。

「勝てるのかな、大丈夫かなというのがいつも以上に強くなった」と綿貫。相手ではなく舞台に負けたか。緊張の中でいかに集中を持続させるか、自信のなさや自分自身への怒りなど負の感情をどうコントロールするかが課題となる。「気持ちもプレーも、日頃の生活もまだまだ自分には足りてないところがある」と言う。頭のいい青年なのだろう。コート外も含めた行動や考え方がすべて試合での心理やプレーに影響すると理解している。それも含めて未熟と自覚しているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<広島優勝 特別編集>カープの魂。
綿貫陽介
本田圭佑
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ