SCORE CARDBACK NUMBER

波瀾万丈を経た、新ヘッドコーチの強さ。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2005/11/24 00:00

 ミネソタ・ティンバーウルヴスの新ヘッドコーチ、ドウェイン・ケイシーにとって、NBAヘッドコーチのキャリアは因縁試合で始まった。何しろ、開幕戦の相手はポートランド・トレイルブレイザーズ、続く2戦目はシアトルでのスーパーソニックス戦である。シアトルはケイシーが昨季までの11シーズンをアシスタントコーチ、あるいはアソシエイト・ヘッドコーチとして過ごした古巣であり、ブレイザーズの現ヘッドコーチは昨季までともにソニックスのベンチで采配を振るったネイト・マクミランだった。元仲間との2連戦は、彼にとってはまるで卒業式のようでもあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

折れない魂。Never Ending Story

Sports Graphic Number 641

折れない魂。
Never Ending Story

 

バスケットボールの前後の記事

ページトップ