SCORE CARDBACK NUMBER

中村俊輔の新しい相棒は
サボりがちの“ドン”。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2009/08/28 06:00

中村俊輔の新しい相棒はサボりがちの“ドン”。<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

心臓発作による主将ハルケの急死で沈むチームを、“坊主とナカ”は救うことができるか

 どのサッカーチームにも、ドン的な選手は存在する。

 中村俊輔が移籍したリーガ・エスパニョーラのRCDエスパニョールにも、例に漏れずチーム内にはドンがいる。スキンヘッドの元スペイン代表MF、イバン・デラペーニャがその人だ。

 名門バルセロナで頭角を現し、かつて全盛期のロナウドに「一番プレーしやすい選手」と言わせたほどの天才MFである。エスパニョールでも完全にチームの中心に居座っている。

 ドンであるデラペーニャには、監督もコーチも何も言わない。彼は実に様々な理由をつけ練習をサボることが多い。地元記者曰く、「シーズン中も練習はほとんどしない」。それでも試合の決定的な場面に必ず彼の姿があるのは驚きだ。最大の武器は絶妙のタイミングで通すスルーパス。パス能力の高さはリーガでも有数で、この武器一つで長年生きてきた。それも周囲に一目置かれる理由だろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 467文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['09-'10 欧州サッカー開幕特集]欧州最強の経営戦略。

関連記事

中村俊輔
イバン・デラペーニャ
エスパニョール

海外サッカーの前後の記事

ページトップ