Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

ヘレス 「極貧クラブの挑戦」 ~予算はレアルの約1/60~ 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byToru Morimoto

posted2009/08/28 11:30

ヘレス 「極貧クラブの挑戦」 ~予算はレアルの約1/60~<Number Web> photograph by Toru Morimoto

ベテランのレドンド(右から3人目)には期待がかかる

熱狂的なファン「ヘレシスタ」に支えられ、2部から1部へと初昇格を果たしたへレス。あまりにも少なすぎる予算と、不足する選手数。金欠による独自の“経営戦略”をレポートする。

 ヘレス・デ・ラ・フロンテーラはアンダルシア種の馬とシェリー酒の産地であり、毎年motoGPが開催されるオートバイ好きの聖地である。

 去る6月13日、ここでちょっとした祭りが起きた。町一番のサッカークラブ、ヘレスCDが創立62年目にして初の1部昇格を成し遂げたのだ。

 ヘレスは熱心なファンと慢性的財政難が有名な、今季の1部20チーム中最小規模のクラブである。2008年の予算は700万ユーロ(約9億6000万円)で、ビッグクラブのスター選手1人の年俸にも及ばなかった。ホームスタジアムであるチャピンは2万1500人収容だが、'08-'09シーズンの一試合平均観客数はおよそ1万人だ。

 そんなヘレスが歴史的1部デビューに向けて、どのように準備を進めているのか。実際に確かめるべく、昇格達成から1カ月半ほど経った8月のある日、車を南へ走らせた。

 スペイン南部アンダルシア州の夏は強烈だ。慣れない者にとって日差しは殺人的に強く、サングラスをしていないと目が痛くなる。ちょっと日向にいると、肌がジリジリ焼けていくのが実感できる。

 それでも内陸のセビージャから行くと、ヘレスの町は過ごしやすい。町中の温度計は37度を示していたが、連日40度オーバーの都会から来ると、これが涼しく感じられる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3094文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['09-'10 欧州サッカー開幕特集]欧州最強の経営戦略。
ヘレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ