SCORE CARDBACK NUMBER

比類なき“追撃戦”若き2人が鈴鹿で輝いた。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2005/10/27 00:00

比類なき“追撃戦”若き2人が鈴鹿で輝いた。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 速さこそすべて──。K・ライコネンが、17位グリッドから“センセーショナル・ウィン”を飾った日本GP。奇跡的な大逆転シーンが53周レースの最終周、1コーナーで演じられた。

 彼はこの周回を1分33秒161で走っている。44周目にはファステストラップとなった1分31秒540をマークしているから、1秒621も遅いタイムである。抜くことだけに集中し、じっくりコックピットから前方1位G・フィジケラの動きを見極め1コーナーでアウトサイドからかわしていった。

 レース終盤、1位フィジケラは1分33秒台ペースを保つのがやっと、追いつめられているのはよく分かっていたが、この勝負どころで対抗する力がもはやマシンパッケージのどこからも湧いてはこなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[ドイツW杯欧州予選]大国の興亡。

Sports Graphic Number 639

[ドイツW杯欧州予選]
大国の興亡。

 

キミ・ライコネン
フェルナンド・アロンソ

F1の前後の記事

ページトップ