SCORE CARDBACK NUMBER

コービーが足下で示したさらなる挑戦への姿勢。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2009/01/16 00:00

 ハイカットか、ローカットか。水着のデザインではなくバスケットボール・シューズの話だ。

 コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)が12月に彼のシグニチャー・モデルのシューズ、ズームコービー4を発表したのだが、これが最近の常識を無視したローカット・モデルだということで話題を呼んでいる。

 現在、NBA選手の間で主流なのは、足首を覆うハイカットか、くるぶし上までのミッドカット。足首が保護されないローカットを履いてのプレーは捻挫の危険が高いと言われ、試合で履く選手は少ない。ブライアントの新シューズに対しても「話題づくりのための危険な賭け」と警告する人もいるほどだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

バスケットボールの前後の記事

ページトップ