SCORE CARDBACK NUMBER

ホームランを通して見る野球という豊饒な世界。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2004/06/03 00:00

ホームランを通して見る野球という豊饒な世界。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 きっかけは、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜のひとことだった。

「キャンプに入って、まだ1日か2日しかたっていないのに、『いったと思ったボールが全部いかない。違う打ち方をしないと駄目だ』と言うんです」

 前シーズン、松井はキャリア最高となる50本のホームランを放ち、“日本のホームラン王はメジャーで通用するのか”という期待を背に海を渡っていた。その松井から出た言葉だけに、衝撃的だった。

「それまで、松井はボールの下側を打ち抜いてスピンをかけることでホームランを量産していました。10年かけて日本で完成させた打法です。ところがそれでは駄目だという。驚きました。ボールにバックスピンをかけて打球を上げることによってホームランは生まれる――それがプロ野球の定説で、わたしもそう信じていましたから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1005文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

代表SHUFFLE!New Blood, Next Phase

Sports Graphic Number 603

代表SHUFFLE!
New Blood, Next Phase

 

MLBの前後の記事

ページトップ