SCORE CARDBACK NUMBER

個性派の2人が見せる、
ベテランの誇りと情熱。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2006/12/07 00:00

 それは、不思議なほど似通った光景だった。11月の別々の日にロサンゼルスを訪れた2人の選手が、ステープルズセンターのビジター用ロッカールームの、同じ隅のロッカー前に腰掛け、終わったばかりの負け試合の敗因を分析し、その一方でチームメイトへの信頼や近い将来への希望を熱弁していた。

 一人はNBA12シーズン目を迎えるミネソタ・ティンバーウルヴスのケビン・ガーネット。もう一人はNBA11シーズン目のフィラデルフィア・セブンティシクサーズのアレン・アイバーソン。個人としてはMVPなど多くの栄光を手にしてきた2人だが、チームとしての頂点、優勝には未だに手が届かずにいる。それどころか昨季は2人ともプレーオフさえ逃し、今季もチーム状況は決していいとは言えず、苦戦が予想される。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超浦和主義。 J.League Final 2006

Sports Graphic Number 667

超浦和主義。 J.League Final 2006

 

関連記事

バスケットボールの前後の記事

ページトップ