SCORE CARDBACK NUMBER

異色ドライバー、小暮卓史のリベンジ。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2007/06/14 00:00

 全日本選手権フォーミュラ・ニッポンを戦う小暮卓史がおもしろい。昨年の小暮は、シリーズ第3戦で自身2回目のポールポジションを獲得すると、第5戦から第8戦まで4連続でポールポジションにつき、通算するとシリーズ全9戦中5戦でポールポジションにつくという猛然たる快走を見せた。

 その一方、決勝レースでは毎回順位を落としてしまい、(中にはフォーメーションラップ中にスピンしてスタートできずに終わるという大ポカもあり)選手権ポイントはなんとポールポジションを獲れなかった最終戦で4位に入賞して記録した3点のみ。国内トップフォーミュラレース史上前代未聞の戦いぶりだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ