SCORE CARDBACK NUMBER

跳ね馬完勝につながったアロンソの三重苦。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2006/07/24 00:00

跳ね馬完勝につながったアロンソの三重苦。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 第10戦アメリカGPは、今季初めてフェラーリが1―2フィニッシュを達成した。M・シューマッハーがPP+優勝+最速ラップ、F1ハットトリックとなる今季初めての完勝を決め、NO.2のマッサもしっかり続いたことでフェラーリは18点獲得した。トップを行くルノーとのポイント差も34から26へと8点縮まった。これは'00年からインディアナポリス7戦を全勝していて、このコースを得意とするブリヂストンタイヤが今回も能力を存分に示したと言える。

 M・シューマッハーにとって不運だったのはトヨタのJ・トゥルーリが4位入賞でアロンソを抑えたものの、5位フィニッシュを目前にしていたR・シューマッハーが残り10周の時点でマシントラブル、リタイアしたことだろう。5位、4ポイントに終わったアロンソの得点がもう1つ下がる可能性は大いにあったのだ。それはアロンソが三重苦を背負いながら走っていたからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 518文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final
フェルナンド・アロンソ
ミハエル・シューマッハー
フェラーリ

F1の前後の記事

ページトップ