SCORE CARDBACK NUMBER

目指すは打倒中日。田上秀則の再生物語。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/09/28 00:00

 小久保裕紀(巨人)、井口資仁(ホワイトソックス)、城島健司(マリナーズ)と、次々に主力を放出してきたソフトバンクホークス。穴を埋めるために頼ってきたのは、他球団を解雇された選手たちだ。

 話は、補強費が満足に使えなかったダイエーホークス創成期までさかのぼる。監督や球団社長を務めた根本陸夫は「ドラフト1位の選手は、クビになっても一度はスカウトが評価したのだから何かいいものがあるはず」という考えの持ち主だった。そこからこのやり方が生まれた。

 伝統は今も受け継がれている。王貞治監督は「一度野球を奪われた人間は、悔しさや寂しさを知っているから必死さが違う」と言って、他球団を干された選手たちに進んでチャンスを与えた。それで昨季は宮地克彦がレギュラーを奪い、今季は田上秀則が這い上がってきた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

田上秀則
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ