SCORE CARDBACK NUMBER

「投手王国」を築いた男、一人静かに福岡を去る。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2005/11/10 00:00

 「あと一日、あと一日、このユニフォームが着られると考えながらやってきたけど、ついにこの日が来てしまった……」

 投手王国を築き上げた立役者、ソフトバンクの尾花高夫投手コーチが、ロッテとのプレーオフに敗れた10月17日、ホークスのユニフォームに別れを告げた。

 新日鉄堺からヤクルトに入団。冷静な分析力で頭脳派投手として知られた。引退後、バレンタイン、野村克也の下で、投手コーチを務めた手腕を買われ、王貞治監督自らの誘いで、'99年、ホークスのコーチに就任した。

 「もう一度日本一と思っていたけど……。監督は絶対に妥協しない人。7年間やりがいがあった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ総力特集]魔法のマリーンズ 圧勝。

関連記事

尾花高夫
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ