SCORE CARDBACK NUMBER

仰木彬が見守る中村紀洋の再出発。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/02/09 00:00

 清原和博に続いて、神妙な顔つきで献花をする中村紀洋。1月21日に行われた仰木彬氏の「お別れの会」で、中村は、今季から加入するオリックスの本拠地、スカイマークスタジアムに姿を見せた。

 年俸5000万で契約したドジャースでは、結局、17試合出場5安打3打点0本塁打、3Aラスベガスでは、2割4分9厘22本塁打の成績に終わった。「これ以上いてもメジャーに上がれるチャンスがない」というのが日本球界復帰の理由。傷心の帰国では、やはり周囲の目は冷たかった。

 だが、仰木だけは違った。「年俸を下げてまで夢を追ったのだから、立派なもんだ」と褒めてくれたのである。近鉄時代、自分を育ててくれた恩師の死が、オリックス入りへの踏ん切りを付けさせてくれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 540文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[TORINO 2006 PREVIEW]彼女はトリノで強くなる。
中村紀洋

プロ野球の前後の記事

ページトップ