SCORE CARDBACK NUMBER

大物が続々登場、今年のクラシック戦線。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byTomohiko Hayashi

posted2009/03/12 00:00

大物が続々登場、今年のクラシック戦線。<Number Web> photograph by Tomohiko Hayashi

 クラシックの輪郭が、週を追うごとに濃い線で描かれ始めている。サラブレッドとして生まれたからには、皐月賞、ダービー、そして桜花賞、オークスのそれぞれ18ある議席に是非とも到達したい。誰もがそう考えているわけだから、その道程は厳しい。トライアル寸前のいまの時期が、文字通りの胸突き八丁。無駄なレースなどひとつもありはしない。

 オークスを頂点とする牝馬の争いは、2歳戦を終えた時点でブエナビスタ(栗東・松田博資厩舎)が不動の中心に座った。この馬は掛け値なしの天才で、無事ならウオッカ、ダイワスカーレットが築いた「牝馬の時代」を4歳、5歳になっても継承できる超大器。どんなに勢いのある挑戦者が現れても、このチャンピオンは揺るぎのない王座に君臨しているだろう。その事実確認を行なうというのも、競馬観戦の醍醐味である。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

競馬の前後のコラム

ページトップ