SCORE CARDBACK NUMBER

悲願のメダル獲得へ。上村愛子は、より逞しく。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byFuko Lee

posted2005/06/23 00:00

悲願のメダル獲得へ。上村愛子は、より逞しく。<Number Web> photograph by Fuko Lee

 来年2月のトリノ五輪まであと8カ月。冬季競技の選手たちにとって今はオフにあたるが、もちろんのんびり休んでいる暇はない。フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子(北野建設)も5月中旬から始動し、悲願のメダル獲得に向けて順調に調整を続けている。

 上村は'98年の長野五輪に18歳で初出場し、いきなり7位に入賞した。'02年のソルトレークシティー五輪ではメダルが期待されたが、結果は6位。表彰台に上がったのは、長野に続いてまたライバルの里谷多英だった。五輪での思い出は明と暗がくっきり分かれた形だが、上村は「今では若い時にメダルが取れなくてよかったと思える。楽しかったこともつらかったことも、全部ひっくるめて今の自分があるから」と話す。その上で、26歳で迎えるトリノ五輪を「今までで一番自分らしくできる大会」と言い切った。「自分らしく」とは、「スキーが大好きな私がスキーを楽しむこと」にほかならない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 530文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「全証言」ドイツは我が手に。
上村愛子
トリノ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ