NumberEYESBACK NUMBER

トリノ行きを決めた上村愛子の成長。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2005/04/14 00:00

 3月20日、フィンランド・ルカで行なわれた世界選手権デュアルモーグル。3位、表彰台を決めると、関係者とハイタッチをし、喜びを表した。直前のワールドカップ最終戦優勝に続く好成績を挙げ、トリノ五輪代表に内定。上村愛子にとってのそれは、自信をもつこと、自分自身を信じることに取り組んできたこの一年の成果でもあった。

 昨シーズン、自分の技への、ひいては自身への自信喪失から低調な成績に終わった。「本当に嫌なシーズン」だった上村は、自信を取り戻すために、それまで男子だけのものだった3Dの技に女子として初めて挑むことを決めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1069文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]W杯最終予選完全詳報 日本代表 彼らの証言。
上村愛子
トリノ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ