SCORE CARDBACK NUMBER

弱小ブリュワーズをひっぱる韋駄天男。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2004/06/17 00:00

弱小ブリュワーズをひっぱる韋駄天男。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 今年のペナントレースで特徴的なのは、"万年Bクラス"チームの健闘が目につくことだ。ブリュワーズもそのひとつ。11年連続でシーズンを負け越しているチームが順調な滑り出しをみせ、5月30日現在で25勝23敗。順位は5位ながらも、激しい星のつぶし合いで、首位まで3ゲームという僅差で食らいついている。

 好調の原因はオフに敢行した大型トレードの成果、投手陣の充実などいくつも挙げられるが、その躍進のシンボルといえるのは1番打者として牽引役を果たすスコット・ポーセドニックだ。5月の不振で打率は・257(5月31日現在)に落としてしまったが、開幕から持ち前のスピードで走りまくり、球団記録を5個も更新する22連続盗塁を決めている。だが、28歳のポーセドニックは静かに語る。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

MLBの前後のコラム

ページトップ