SCORE CARDBACK NUMBER

日本テニス協会の、意義ある物言い。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2007/01/11 00:00

日本テニス協会の、意義ある物言い。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 今年、日本テニス協会(JTA)が国際テニス連盟(ITF)に対し提案を行った。8月に開催されたITF年次総会で、JTAは男女国別対抗戦のデビスカップ(デ杯)、フェドカップ(フェド杯)を世界選手権やW杯に名称変更し、さらに1会場での集中開催、2年ごとの交互開催にすることを申し入れたのだ。

 ホーム&アウエー方式のデ杯、フェド杯を自国開催した場合、現在、JTAはデ杯で約500万円、フェド杯で約1000万円の年間赤字を抱える。ITFからの援助は選手への賞金と広告収入の分配金のみ。利益を出すためには、各協会が独自に集められるスポンサーと集客に期待する以外に道はない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 641文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集 2006年の真実]甦る死闘。

テニスの前後の記事

ページトップ