SCORE CARDBACK NUMBER

小さな女王・高雄の、更なる成長に期待大。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

posted2006/12/07 00:00

 今年の全日本選手権女子シングルス決勝は、19歳の高雄恵利加が、身長150cmというハンディをものともせず、初優勝を果たした。記録は残っていないが、1924年(大正13年)に始まった女子シングルスの歴史上、最も小さな女王の誕生だろう。

 決勝の相手は、第1シードで、4大大会でベスト32に進んだこともある中村藍子だった。高雄は今年、ツアー下部のチャレンジャー大会で3勝し、世界ランクを昨年末の315位から自己最高の128位まで上げた。とはいえ、まだ4大大会本戦に出場したことはなく、中村との経験の差は大きい。しかし、中村には「負けられない」というプレッシャーがあった。それを高雄は巧みに利用した。緩急を交えてタイミングをずらし、ミスを誘った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 559文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超浦和主義。 J.League Final 2006

Sports Graphic Number 667

超浦和主義。 J.League Final 2006

 

テニスの前後の記事

ページトップ