スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

MLBで評価が急落する日本人内野手。
ツインズ西岡はレッテルを覆せるか? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/04/02 08:00

MLBで評価が急落する日本人内野手。ツインズ西岡はレッテルを覆せるか?<Number Web> photograph by AFLO

2番打者としての起用に対し「2番の選手が活躍するチームは本当に強いチームだと思っている。非常に頭を使っていかないと」と発言した西岡

西岡の合格ラインは「出塁率.400、OPS.750」だ。

・カノー(ヤンキース) .836(6シーズン)
・フィギンス(マリナーズ・今季から三塁にコンバート) .736(9シーズン)

 カノーは将来、殿堂入りする可能性のある選手でこの数字は一流の範疇に属する。フィギンスは長打力はないが、出塁率で稼ぐタイプなので、西岡の成績の参考になるかもしれない。

 4社の予想通り、OPSで.750前後の数値をマーク出来れば、とりあえずは及第点ということになるだろうが、井口が1年目にマークした.780をなんとか超えて欲しい。

 ツインズは中軸打者がしっかりしたチームであり、西岡に長打力は求められない。出来ることなら、出塁率で.400に近いものが残せれば、メジャーでの長いキャリアが待っているような予感がする。

関連記事

BACK 1 2 3
西岡剛
ミネソタ・ツインズ

MLBの前後の記事

ページトップ