SCORE CARDBACK NUMBER

怪我に泣いたトーマスが、雪辱へ向け、突き進む。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2006/09/28 00:00

怪我に泣いたトーマスが、雪辱へ向け、突き進む。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 タイガースが今季のチームのサプライズだとしたら、個人ではフランク・トーマスだろう。ホワイトソックスの構想から外れ、アスレチックスへ。年俸保証50万ドル、インセンティブを含めても最高で310万ドルの1年契約。一時は保証額の20倍近くの年俸を稼ぎ出していただけに、屈辱的な移籍を経験したと言える。それが9月12日現在で、DHとして打率.283、36ホーマー、98打点をマーク、見事な復活を遂げた。

 「昨季までの2年はほとんど欠場していたようなもの」と本人がいうように、左足首骨折を繰り返して2年間の出場は108試合のみ。特に、昨季は16年間一筋でスーパースターとしてプレーしてきたホワイトソックスが88年ぶりのワールドシリーズ優勝を果たしたというのに、その瞬間をベンチで眺める寂しさを味わった。怪我の具合が完治からほど遠く、ギブスが外されていなかったからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

MLBの前後のコラム

ページトップ