MLB Column from USABACK NUMBER

「本命ヤンキース」と言い切れない理由 

text by

李啓充

李啓充Kaechoong Lee

PROFILE

photograph byGettyimages/AFLO

posted2006/10/05 00:00

「本命ヤンキース」と言い切れない理由<Number Web> photograph by Gettyimages/AFLO

 レギュラーシーズン最終日の10月1日、プレーオフ出場全8チームの顔ぶれがようやく決まった。どのチームがワールドシリーズを制するかについて、日本では、ヤンキースを「本命」と見る向きが多いようだが、米国では、意外と、ツインズを推す向きが多い。たとえば、スポーツTV・ESPNのベースボール・ライター17人による優勝チーム予想(10月2日現在)を見ても、

ツインズ 7人
ヤンキース 6人
アスレチクス 2人
ドジャース 1人
メッツ 1人

と、ツインズが僅差でトップ人気となっている。ESPNの予想に限れば、「本命ツインズ、対抗ヤンキース」と言っていいほどなのである。

 ヤンキースは、1番から9番までずらりとオールスターを揃え、「史上最強」の打線を組んだといわれているが、実は、統計的には、ポストシーズンの勝敗は、打力ではなく投手力と守備力に相関することが知られている。実際、野球シンクタンク「Baseball Prospectus」によると、ポストシーズンの勝敗と相関したレギュラーシーズンの成績は、

1)投手が相手をねじふせる「パワー」度:所属リーグ・球場別で「補正」した奪三振数で評価

2)クローザーの力:平均的投手と比べたときに追加した勝利数で評価

3)守備力:平均的守備力と比べた場合に防いだ得点数で評価

の三つだけであり、打力の指標は一つも相関しなかったという。つまり、ポストシーズンの勝敗を決めるのは、「得点を得る」能力ではなく、「失点を防ぐ」能力だと、データは示唆しているのである。

 以下に、プレーオフ進出8チームについて、この三つの成績をMLB全30チーム中の順位で示した。

補正奪三振数 クローザーの力 守備力 総合ランク
(3つの順位の総和)
ツインズ 14 19
メッツ 10 22
タイガース 23 10 34
ヤンキース 19 13 40
パドレス 26 11 41
アスレチクス 17 15 10 42
ドジャース 18 19 46
カージナルス 29 21 56

 「失点を防ぐ」能力で見た場合、ヤンキースではなくツインズが「最強」チームとなることがおわかりいただけるだろうか。

 ただ、ここで注意が必要なのは、ツインズは、5月後半にローテーションに加わり、「新人王確実」といわれるほどの活躍をしたフランシスコ・リリアノ(今季12勝3敗)が、肘の故障で戦線を離脱してしまったことである。リリアノは、9イニング当たり奪三振数10.71と、エース、ヨハン・サンタナ(9.44)を上回る「パワー・ピッチャー」であるだけに、ツインズ投手陣が「相手をねじ伏せる」能力は大幅に減少したと言わなければならない(逆にいうと、リリアノが健在だったら、ヤンキースを本命に推す向きはもっと減っていたに違いないのである)。

 ヤンキースの強力打線が、「失点を防ぐ」能力の不足を補うに足る得点を上げることができるかどうか、今季ポストシーズンの、最大の見どころと言ってよいだろう。

コメントする・見る

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

MLBの前後のコラム

ページトップ