SCORE CARDBACK NUMBER

追い風吹くストーナーが
初めて口にした「不安」。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2007/09/06 00:00

追い風吹くストーナーが初めて口にした「不安」。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 WGP後半戦のスタートとなった第12戦チェコGPで、C・ストーナーが今季7勝目を挙げた。今大会も2位で食い下がったJ・ホプキンスを突き放し、夏休み前のアメリカGPから2戦連続ポール・トゥ・ウィン。タイトル争いをする総合3位のD・ペドロサが4位、総合2位のV・ロッシが7位に終わったことで、念願のタイトル獲得に向けて大きく前進した。

 ストーナーの強さの要因は、ブリヂストン(BS)とドゥカティのアドバンテージを生かす走りにある。ドゥカティのパワフルさは定評あるところだが、今年のBSの進化は、目を見張るばかりだ。強力なグリップがコーナリングスピードの高いストーナーの走りを補完し、それが結果として、ドゥカティの速さを存分に活かすことに繋がっている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ケーシー・ストーナー

MotoGPの前後のコラム

ページトップ