SCORE CARDBACK NUMBER

'05年のボクシング界を振り返ってみると……。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2006/01/12 00:00

 世界のボクシング界の'05年をどう総括したらいいのだろう。

 '04年は「スーパースター凋落の1年」と言われたが、'05年は凋落がより決定的となった1年ではなかったか。二流選手ケビン・マクブライドに惨敗し「俺はもうアニマルではない」と自らボクサーであることに引導を渡し引退(たぶん)したマイク・タイソン。天敵サウスポー、アントニオ・ターバーに連敗したロイ・ジョーンズ(引退を拒絶しているが)。プロ入り14年目にして初めて不戦の1年を過ごしたオスカー・デラホーヤ。12年間の不敗記録に終止符を打った40歳のミドル級王者バーナード・ホプキンス。さらにはヘビー級王者ビタリ・クリチコまで引退するに至っては、いよいよ世界リングのスター不足も深刻である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「対戦国を語る」W杯に見る夢。

ボクシングの前後の記事

ページトップ