SCORE CARDBACK NUMBER

順位争いの陰で戦う。11年目、吉川の正念場。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/09/25 00:00

 ケビン・コスナー主演の映画に『さよならゲーム』というマイナーリーグを描いた作品がある。キャリア12年目のベテラン捕手が主人公の映画だが、福岡ソフトバンクホークスの吉川元浩も似たようなタイプの選手である。

 東京農大二高から近鉄バファローズに投手として入団したが、ヒジを壊して野手に転向。ウエスタン・リーグの本塁打王に輝き、これからというときに近鉄から巨人にトレードになった。イースタン・リーグでは打点王になりながら昨年は若手切り替えの球団方針により、出場回数が少ないまま解雇されてしまった。

 近鉄の二軍監督だった石渡茂が、ソフトバンクの二軍監督になっていたという縁も手伝ってトライアウトを経て、ソフトバンクに入団を果たした。外国人の獲得に失敗したことが、吉川が育成選手から支配下選手になるきっかけとなったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]KILL THE KING

Sports Graphic Number 712

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]
KILL THE KING

 

吉川元浩
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ