SCORE CARDBACK NUMBER

表彰台に至るまでの知られざる苦闘。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

posted2004/12/16 00:00

表彰台に至るまでの知られざる苦闘。<Number Web>

 もう残された時間は少なかった。北島康介のコーチ、平井伯昌の日記にはこう書かれている。

 <6月25日(金)

  オリンピックまであと50日。

  康介、まったく動かず。膝も良くならない。あせる>

 何かが狂い始めたのは、4月の日本選手権あたりからだった。100m平泳ぎ決勝のタイムは1分00秒39。五輪代表に内定はしたものの、59秒台も当たり前という雰囲気の中では、物足りない記録に感じられた。200mも決勝こそ2分10秒70とまずまずだったが、予選、準決勝はともに2分14秒台。新聞記者が「こんな北島は見たことない」と驚くほどだった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

北島康介
平井伯昌
アテネ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ