NumberEYESBACK NUMBER

F1デビュー2戦目で開花。
小林可夢偉の本物度。
~その“走り”を徹底検証する!~ 

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph byMamoru Atsuta

posted2009/11/20 06:00

F1デビュー2戦目で開花。小林可夢偉の本物度。~その“走り”を徹底検証する!~<Number Web> photograph by Mamoru Atsuta

18人目の日本人ドライバーとなる小林は、尼崎市出身の23歳

 “強い”という表現は、いかなるスポーツにおいても至上の称賛であるはずだ。デビュー2戦目、最高峰の舞台でそんな言葉を勝ち取ってしまったスポーツ選手は多くはない。

 トヨタがF1撤退を発表する直前、11月1日のアブダビGP。'09年最後のレースで小林可夢偉が6位入賞を果たした瞬間には、百戦錬磨のジャーナリストたちも拍手を贈った。天性の速さと賢明な攻撃性、ライバルと並んでコーナーに進入していくときの威厳。すべてを集約して、各国のテレビは「強いコバヤシ」を連呼していた。

 '08年以来、GP2選手権を戦いながらトヨタF1の控えドライバーを務めてきた小林がチャンスを手にしたのは第16戦ブラジルGP。日本GPで負傷したティモ・グロックに代わって初めてのレースに挑むことになった。雨の予選11位。決勝レースでは9位。タイトルを決めたジェンソン・バトンと互角の勝負を展開し、ブラジルの地元紙では「チャンピオンに輝いたバトン、勝利したマーク・ウェバーと同様にすばらしい」と大きく報道され、英国のウェブサイトではファン投票によってベストドライバーに選ばれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 898文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ベースボールファイナル2009

Sports Graphic Number 741

ベースボールファイナル2009

 

小林可夢偉

F1の前後の記事

ページトップ