NumberEYESBACK NUMBER

プロ野球交流戦突入。
好調楽天に勝機あり。 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2009/05/26 06:02

プロ野球交流戦突入。好調楽天に勝機あり。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

 楽天の強さは本物なのか。我々はいつ、どの時点でそれを判断すべきなのか。それはやはり、5月19日から始まった交流戦でだろう。具体的に言えば、楽天が交流戦を勝率5割で乗り切った場合、チーム初のクライマックスシリーズ進出は、ぐっと現実味を帯びてくると思う。

 それは、交流戦が今年と同じ24試合制で行なわれた'07年と'08年の結果を振り返って見ると、理解できる。2年とも、交流戦終了時にペナントレースの順位が2位以内だったチームは、必ずクライマックスシリーズに進出しているのである。

 この例に倣って言うと、5月12日時点(以下同じ)で貯金6の楽天は、交流戦を終えて同じ貯金を維持していれば、パ・リーグの2位以内は間違いない状況だ。つまり交流戦の勝率5割は、楽天にとって初のAクラス入りの条件と言っていい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1020文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

早稲田力。覇者の方程式

Sports Graphic Number 729

早稲田力。
覇者の方程式

 

野村克也
鉄平
中村紀洋
草野大輔
山崎武司
高須洋介
渡辺直人
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ