NumberEYESBACK NUMBER

スピードスケート陣の不安は拭い去れるか。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2009/04/15 07:01

スピードスケート陣の不安は拭い去れるか。<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

 3月12日から15日まで、カナダのリッチモンド五輪オーバルで行なわれたスピードスケート世界距離別選手権で、期待の日本勢が思わぬ惨敗を喫した。'96年の第1回を皮切りに今回で12回目となったこの大会で、日本勢が個人種目メダルゼロに終わったのは初めて。しかも、バンクーバー五輪会場で開催された“プレ五輪”だっただけに、選手や関係者の落胆は大きかった。

 最大の誤算は、W杯男子500m総合2位の長島圭一郎が、この種目で7位に終わったことだ。元世界記録保持者の加藤条治は12位。トリノ五輪4位の及川佑が6位。他の種目を見渡しても、女子1000mの吉井小百合が5位になったのが日本勢最高という大不振だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

岡崎朋美
長島圭一郎
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ