NumberEYESBACK NUMBER

ウオッカはどうなる?
今秋の天皇賞予想。
~ドバイW杯行きも見えた!?~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2009/10/31 07:00

ウオッカはどうなる?今秋の天皇賞予想。~ドバイW杯行きも見えた!?~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

緊張のレース展開に盛り上がった昨秋の天皇賞。今年はどうなるか

 いよいよ佳境に突入した秋競馬。11月1日には東京競馬場で「天皇賞・秋」(芝2000m、GI)が行われる。充実した古馬の戦いを力強く牽引するのは、今年もウオッカ(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)か。武豊騎手がいつになく前向きだ。

「来年のドバイワールドカップは、賞金総額が10億円。独特のパワーが要るダートではなく、オールウェザートラックに変わることも決まりました。まるでウオッカのための衣替えという気がしませんか」と、壮大な夢を語っているのだ。

 ウオッカが来年も現役を続けるかどうかさえも正式には決まっていないのに、彼のキャラクターとは違う先走ったことを思わず口にしてしまったのは、底が見えない進化を続ける史上最高の名牝に心底ほれ込んでいるからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1073文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州サッカー&W杯予選特集スペインを極める。

関連記事

オウケンブルースリ
カンパニー
角居勝彦
ドリームジャーニー
キャプテントゥーレ
ウオッカ
武豊

競馬の前後の記事

ページトップ