SCORE CARDBACK NUMBER

引退しても終わらない、
競走馬たちの第二の競争。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2009/10/14 06:00

引退しても終わらない、競走馬たちの第二の競争。<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

3番人気のモンテエン。最後の直線で先頭に立ったリリエンタールと競りクビ差で制した

 牡馬たちの評価は、子供たちの活躍だけで上がりもすれば下がりもする。最強馬の名をほしいままにしたシンボリルドルフや、ぬいぐるみが爆発的に売れた希代のアイドルホースとしても名高かったオグリキャップだって、子供が走らなかったことだけで種牡馬失格の烙印を押され、いつしか現役時代の活躍でさえ色褪せて見えてしまったりする。言ってみれば、競走生活で名を成した馬たちでさえ、一生涯競争そのものからは逃れられないのが彼らの宿命なのだ。

 今年、初産駒が競走年齢(つまり2歳)に達した種牡馬たちの争いは、デュランダル(10歳、父サンデーサイレンス)がまずはリードを奪った。小倉2歳S優勝のジュエルオブナイル(牝、栗東・荒川義之厩舎)が孝行娘で、もちろんこれが新種牡馬の重賞勝ち一番乗り。名マイラーだった父の第二の人生にさらなる輝きをもたらしている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ゼンノロブロイ
デュランダル

競馬の前後のコラム

ページトップ