NumberEYESBACK NUMBER

巨人退団を決断した桑田真澄の心の内。 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2006/10/12 00:00

 9月23日の午後。ジャイアンツの公式ホームページに、退団を示唆する桑田真澄の衝撃的なメッセージが掲載される2時間ほど前のことだった。自宅の近くに車を停めた桑田は、ハンドルを握ったまま、寂しそうな笑顔を浮かべてこう言った。

 「来年、ジャイアンツで投げるということだけは、なくなったね……」

 その前夜、9月22日。桑田は清武英利球団代表に呼ばれて、両国の和食店で食事をともにしている。その席で、来シーズンもジャイアンツの選手として投げてもらうことは考えていない、という主旨のことを清武代表に伝えられた。つまりこの日、清武代表は桑田に対して、事実上の戦力外通告を行ったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1098文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【永久保存版】F1鈴鹿。

Sports Graphic Number 663

【永久保存版】
F1鈴鹿。

 

桑田真澄
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ