NumberEYESBACK NUMBER

磐田の“苦闘”からJクラブは何を学ぶか。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2009/01/06 03:45

磐田の“苦闘”からJクラブは何を学ぶか。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 今季限りのJ1、J2の入れ替え戦を制したのはジュビロ磐田だった。

 アウェーの第1戦で貴重な同点弾を決めた入団2年目の松浦拓弥が、ホームにベガルタ仙台を迎えた第2戦でも2ゴールを奪い、防戦に回った終了間際は川口能活が顔面でブロックするなど全員が体を張って逃げ切った。5年にわたって数々のドラマを生んできた入れ替え戦のフィナーレにふさわしい激闘であった。

 3年連続でJ2チームが勝っていただけに、磐田の喜びようは言うまでもない。試合後の守護神はピッチに顔をうずめて泣いたほどだ。しかし、喜びに浸る時間はそう長くはなかった。川口は自戒をこめて言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1113文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2008年の衝撃。The Unforgettable Moment

Sports Graphic Number 719

2008年の衝撃。
The Unforgettable Moment

 

ジュビロ磐田
川口能活

Jリーグの前後の記事

ページトップ