SCORE CARDBACK NUMBER

欧州でも議論される、リーグ秋春制の是非。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2009/01/06 00:00

 リーグの開幕をいつにするか? これは何も日本だけの問題ではない。ヨーロッパ北部の人たちにとっても切実な問題である。

 約1年前、ドイツではブンデスリーガの開幕を「春」にすべきという議論で盛り上がったことがあった。ドイツ代表のレーブ監督が、春開幕を提案したのがきっかけだ。現在、ブンデスリーガは8-5月に開催する、いわゆる秋春制。しかし、レーブは常識を覆して、「2-11月にすべき」と言ったのである。

 ドイツにとっても、冬にサッカーをするのは容易なことではない。たとえば、ブンデスリーガの1部と2部のクラブにはピッチ下に暖房を設置することが義務付けられているが、それで芝の状態が良好に保てるとは限らない。若い芽を殺さないように温度を高くし過ぎてもいけなく、管理が難しいのだ。芝の状態が悪ければ、サッカーの質が低下しかねない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 529文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2008年の衝撃。The Unforgettable Moment

Sports Graphic Number 719

2008年の衝撃。
The Unforgettable Moment

 

関連記事

Jリーグの前後の記事

ページトップ