NumberEYESBACK NUMBER

24年ぶりのベスト8に導いたセッターの配球。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

posted2006/12/21 00:00

 12月3日に幕を閉じたバレーボール世界選手権で、全日本男子が24年ぶりに8位入賞を果たした。

 日本戦に限り、すべての試合開始が同じ時刻に設定されていたり、ホーム特有の熱い声援が後ろ盾になったりと、自国開催の日本が有利な立場に置かれていた事実は否定できない。同じグループにランキング下位国が多く含まれていたために全日本の運の良さを指摘する声もある。ただし毎年のように日本で国際大会を開催し、ホスト国である日本には戦いやすい環境が用意されていたにもかかわらず、一向に勝ち星には結びつかなかった。それを思えば、5勝を挙げての予選通過は評価に値する成績と言えるのではないだろうか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1030文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

バルサを狙え! WANTED ! BARCA

Sports Graphic Number 668

バルサを狙え! WANTED ! BARCA

 

バレーボールの前後の記事

ページトップ