NumberEYESBACK NUMBER

プレ五輪で真央が見せた“弱点”と“真価”。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2009/02/26 04:20

プレ五輪で真央が見せた“弱点”と“真価”。<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

 バンクーバー五輪のテスト大会である四大陸選手権で、浅田真央は3位に終わった。

 「まだこれからやらなくてはいけないことがたくさんある。世界選手権ではもっといい演技をしたいです」

 会見でそう語った浅田は、沈んだ表情を隠しきれない様子だった。

 今季はSPで失敗し、フリーで挽回というパターンを繰り返してきた。本調子ではない理由の一つは、今季は弱点克服のため、様々なチャレンジをしているからだ。

 「選手にとってそれまでやってきたことを変えるのは容易ではない。でも真央は男子並みに練習した」

 四大陸選手権には家庭の事情で同行しなかったタチアナ・タラソワ・コーチだが、1月末にヘルシンキで取材に応じこう語った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 978文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[チャンピオンズリーグ特集]攻撃者の美学。

関連記事

浅田真央
キム・ヨナ
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ