NumberEYESBACK NUMBER

PRIDE化へ突き進むHERO'Sが担う重責。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

posted2007/10/04 00:00

 昨年12月、UFCに移籍することを決意した時のミルコ・クロコップも、まさか近い将来にPRIDEが活動停止になるとは予想していなかっただろう。今春以降、ミルコの後を追うようにアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、ヴァンダレイ・シウバらPRIDEの主力が続々とオクタゴンに転出した。事実上PRIDEが活動を停止した今、誰もこの流れを食い止めることはできない。

 PRIDE難民のアメリカでの受け皿がUFCならば、日本のそれはHERO'Sだろう。昨年桜庭和志がHERO'Sに活路を求めた頃は移籍よりも引き抜きの色合いが濃かった。 が、それも今は昔。現在、日本にはHERO'Sしかメジャーな総合の舞台はなくなってしまった。中村和裕らがUFCに活路を求める一方で、田村潔司やミノワマン(美濃輪育久)がHERO'Sに転出したのはごく自然な流れだ。風向きが変わったことで、HERO'Sのカラーも変わりつつある。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

格闘技の前後のコラム

ページトップ