オフサイド・トリップBACK NUMBER

カントナの自分探しは終わるのか?
復活したNYコスモスに渦巻く謎。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2011/03/27 08:00

カントナの自分探しは終わるのか?復活したNYコスモスに渦巻く謎。<Number Web> photograph by AP/AFLO

なぜか……3月上旬にシンガポールで行われたニューヨーク・コスモスのプレス・カンファレンス。ペレとカントナは、2014年からのチーム始動を語ったという

米国のサッカーファンも真意が読めず、困惑の態。

 もちろん、これは太平洋のこちら側から見た印象論に過ぎない。しかし、このあまりにも唐突で不可思議なコスモス復活のプロジェクトには、現地のサッカーファンも当惑気味だという。アメリカ人のサッカージャーナリストであるリッジ・マホーニー氏は証言している。

「正直、報道の大きさの割にファンの反応は冷めているし、コスモスに対しては今後どうなっていくのだろうという疑問の声のほうがはるかに多い。グッズを企画販売したりするPRツールになったり、あるいはなんらかのチームを組んで親善試合を行ったりすることはあっても、正式にMLSのチームになることはないだろうと捉えている人もいるし、アカデミーの組織は立ち上げたが、これも提携先といくつかトラブルを抱えている。正直、このプロジェクトの真意を誰もが図りかねている。MLSそのものにとってプラスになるのかマイナスになるのかもわからないというのが、実際のところだと思う」

カントナの「自分探し」の行き着く先がコスモスでいいのか?

 コスモスのサッカー・ディレクターに就任することが発表された際、カントナは次のように断言した。

「すばらしいプロジェクトだ。これはフットボールとアートの融合だ」

 たしかにカントナ&コスモスという組み合わせは悪くない。現役時代はマンUでキングの名をほしいままにしながら、引退後はビーチサッカー以外のあらゆるサッカーと一線を画し、ショービズの世界で生きてきたカリスマらしい選択だともいえる。

 極論すれば、仮にカントナがいきなりマンUの監督になったとしても、ファンはやはり違和感を覚えるだろう。カントナほど「普通のサッカーの現場」が似合わない人物もいないからだ。

 だが、その代わりに選んだのがコスモスでよかったのだろうか。カントナ本人による「自分探し(Looking for Eric)」の行き着く先がコスモスだとは、僕にはどうしても思えない。

関連記事

BACK 1 2 3
ニューヨーク・コスモス
エリック・カントナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ