格闘技 

無観客試合は“純度100%”の強さ!那須川天心、90秒KOの衝撃を解析。

濃度・オブ・ザ・リング

無観客試合は“純度100%”の強さ!
那須川天心、90秒KOの衝撃を解析。

那須川天心というファイターは強烈なプロ意識の持ち主だ。しかし半年ぶりかつ無観客の試合では、彼がもつ“強さの本質”だけがむ… 続きを読む

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

2020/07/13

東京五輪では姉妹で金メダルを!頑固な妹・川井友香子の青春。

オリンピックPRESS

東京五輪では姉妹で金メダルを!
頑固な妹・川井友香子の青春。

「自分でもそんなに才能があるわけではないことはわかっている。地道にやり続けて、ここまできたと思っている。私はカメのまま努… 続きを読む

布施鋼治Koji Fuse

2020/07/13

<花の55年組同窓会>全女黄金時代のクレイジーな青春。ライオネス飛鳥/ダンプ松本/大森ゆかり

Sports Graphic Number Special

<花の55年組同窓会>
全女黄金時代のクレイジーな青春。
ライオネス飛鳥/ダンプ松本/大森ゆかり

'80年代、少女たちを熱狂させた全日本女子プロレス、通称「全女」。その全盛期を駆け抜けた同期3人が、血と汗と涙にまみれた日々… 続きを読む

伊藤雅奈子Kanako Ito

有料

2020/07/13

カワイイだけじゃない異色の空手家。月井隼南はフィリピンから東京五輪へ。

オリンピックPRESS

カワイイだけじゃない異色の空手家。
月井隼南はフィリピンから東京五輪へ。

最終選考会は1年延期された東京オリンピックを直前に控えた、2021年6月に開催される予定。第三者から見るとモチベーションの維持… 続きを読む

布施鋼治Koji Fuse

2020/07/11

永田裕志の人生を変えた「10.9」。Uインターではなく新日本入りの理由。

Number Ex

永田裕志の人生を変えた「10.9」。
Uインターではなく新日本入りの理由。

「もともと僕は、『プロレスラーになりたい』という漠然とした思いはあったんですけど、『プロレスをやるなら(第2次)UWFに入り… 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

2020/07/10

<ミスマッチが生んだ名人戦>天龍源一郎「サベージが俺に活路を開かせた」

Sports Graphic Number Special

<ミスマッチが生んだ名人戦>
天龍源一郎「サベージが俺に活路を開かせた」

ミスター・プロレスと呼ばれ、数々の名勝負を生んだ男が「俺にとってのベストバウトだ」と言い切る試合がある。水と油。当初は本… 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

有料

2020/07/10

田中恒成「これだけ必死だったのは初の世界戦と木村さんの試合ぐらい」

ボクシングPRESS

田中恒成「これだけ必死だったのは
初の世界戦と木村さんの試合ぐらい」

田中にとって、けがという試練も乗り越えて、全身全霊を傾けることができた木村戦は、心身ともに学びにあふれ、自身の成長を実感… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2020/07/09

エリート田中恒成が打ち合いを選択。木村翔の右フックにぐらつくも──。

ボクシングPRESS

エリート田中恒成が打ち合いを選択。
木村翔の右フックにぐらつくも──。

あとからスコアを確認すると、3ジャッジのスコアは初回からそろうことが少なく、ポイントは拮抗していた。木村はその手数によっ… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2020/07/09

木村翔×田中恒成、2018年世界戦。エリートを襲った“恐怖心”と怪我。

ボクシングPRESS

木村翔×田中恒成、2018年世界戦。
エリートを襲った“恐怖心”と怪我。

有利と目された田中に余裕はあったか。答えは「ノー」だ。当時を振り返る田中は木村戦前の心境を「怖かった」とストレートに言葉… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2020/07/09

<名勝負は素材が命>長州力「マッチメイクは定食屋と同じだぞ」

Sports Graphic Number Special

<名勝負は素材が命>
長州力「マッチメイクは定食屋と同じだぞ」

語り継がれる多くの名試合を残した長州力は、現場監督の立場からも新日本を支えていた。マッチメイクや興行の組み立てから、いか… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

有料

2020/07/09

オカダ・カズチカがなぜ古臭い技を!?“コブラクラッチ”の先のIWGPと猪木。

プロレス写真記者の眼

オカダ・カズチカがなぜ古臭い技を!?
“コブラクラッチ”の先のIWGPと猪木。

オカダは、7月11日のニュージャパンカップ決勝戦の翌12日の内藤とのIWGP戦を頭に描いているはずだ。今、オカダの腰にベルトはな… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2020/07/07

<誌上師弟対決>内藤哲也×高橋ヒロム「視聴率98%の試合になるよ」

Sports Graphic Number Special

<誌上師弟対決>
内藤哲也×高橋ヒロム「視聴率98%の試合になるよ」

10年前、苦しむ20歳の練習生を、7歳上の先輩が救った。10年後、2人はジュニアとヘビー級で新日本のトップに立ち、コロナ禍がなけ… 続きを読む

岡本佑介(東京スポーツ)Yusuke Okamoto

有料

2020/07/07

<プレイ・バイ・イヤの教え>棚橋弘至「無観客時代とバーナード戦」

Sports Graphic Number Special

<プレイ・バイ・イヤの教え>
棚橋弘至「無観客時代とバーナード戦」

2006年7月、IWGP王座初獲得を果たした相手のバーナードから、ある時、棚橋はひとつの助言を授けられる。プロレスとファンとの特… 続きを読む

斎藤文彦Fumi Saito

有料

2020/07/06

「有観客」の熱と無観客での前進。プロレス界の“新しい非日常”を読む。

濃度・オブ・ザ・リング

「有観客」の熱と無観客での前進。
プロレス界の“新しい非日常”を読む。

マット界は新たなフェーズに“進んだ”と見るほうがいいのだろう。かつてと同じ状態に“戻った”とか“帰ってきた”というだけの… 続きを読む

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

2020/07/06

アントニオ猪木「延髄斬り」の美学。天井裏からみたプロレス芸術の快感。

プロレス写真記者の眼

アントニオ猪木「延髄斬り」の美学。
天井裏からみたプロレス芸術の快感。

「延髄斬り」(延髄蹴り)は今では多くのレスラーが使う技の1つだ。でも、元祖であるアントニオ猪木のそれは一味も二味も違った… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2020/07/05

豊ノ島の引退で考える「関脇」問題。初昇進から1年の成績が未来を占う?

大相撲PRESS

豊ノ島の引退で考える「関脇」問題。
初昇進から1年の成績が未来を占う?

少し前の話になるが、豊ノ島が引退した。角界でも屈指の人気者であり、バラエティ番組などでも目にする機会の多かった力士だ。 続きを読む

西尾克洋Katsuhiro Nishio

2020/07/04

「みんなが変で、バカだった」'80年代全女最狂伝説、延長戦!

Number Ex

「みんなが変で、バカだった」
'80年代全女最狂伝説、延長戦!

「今、仕事でお菓子屋さんとかに行くんだけど、一斗缶があると「殴られたい!」って頭に当ててみたり。これは職業病なのかなぁな… 続きを読む

伊藤雅奈子Kanako Ito

2020/07/03

<震災2日後の熱狂を語り合う>川田利明×小橋建太「折れない2人の60分」

Sports Graphic Number Special

<震災2日後の熱狂を語り合う>
川田利明×小橋建太「折れない2人の60分」

三冠初防衛に臨む川田と、被災地の親族に連絡が取れないまま挑む小橋。決着を超えた一戦は、交通網が麻痺する中で集まった観衆の… 続きを読む

小佐野景浩Kagehiro Osano

有料

2020/07/03

コロナ禍の今こそ阿炎の活躍が必要!7月場所に絶対見たい、あの笑顔。

大相撲PRESS

コロナ禍の今こそ阿炎の活躍が必要!
7月場所に絶対見たい、あの笑顔。

コロナ疲れと大相撲ロスに世の中が苛まれるいま、どの力士のどんなコメントにも元気をもらえることは間違いない。しかし、いまこ… 続きを読む

飯塚さきSaki Iizuka

2020/07/02

アントニオ猪木×オカダ・カズチカ。歴史的初対談で伝授されたもの。

Number Ex

アントニオ猪木×オカダ・カズチカ。
歴史的初対談で伝授されたもの。

対談の最後、話は新型コロナによる試合の中断や無観客試合の期間を経て、いまの状況下でプロレスは何をすべきか、へと向かってい… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2020/07/02

プロレス
ボクシング
相撲
レスリング
柔道
空手
テコンドー

ページトップ