#1100
巻頭特集

記事を
ブックマークする

「自分のやりたいようにプレーしますよ」リバプール・遠藤航はいかに“名門の心臓”になったか?《盟友ファン・ダイクは「ワタ、ワタ、ワタ」と連呼》

2024/07/11
カラバオ杯を制し盟友ファン・ダイク(左)と称えあった遠藤。昨季は最終的にチーム5位の34試合に先発した
昨シーズン、日本が誇るデュエル王は周囲の懐疑的な評価を見事に覆し、赤き名門リバプールの不動のアンカーとして確固たる地位を確立した。いかにして彼は激しい生存競争を勝ち抜いたのか。その内幕に迫る。(原題:[飛躍の理由]遠藤航「導き出した答え」)

 試合終了の笛は、聞こえなかった。

 2024年5月19日。6万人の大合唱は、たった1人の男のためにあった。残業嫌いなイギリス人も、この日ばかりはパブへ急ぐことはなく、スタンドで声を張り上げ続けた。満員の観客から送られる惜別のカーテンコールはチームのエンブレムにも刻まれたこの一節。

 You'll Never Walk Alone――。

 リバプールにプレミアリーグ初優勝やCL制覇を含む8つのタイトルをもたらした名将ユルゲン・クロップのラストマッチ。成績も然ることながら、その情熱で指揮官は誰よりもこの港街で愛された。9シーズンにもわたり指揮をとった男が、最後に信頼しピッチへ送り出した11人。円陣が解けると、その中心に遠藤航は立っていた。

「今日はお祭り感がありましたね。ただ、アンフィールド(リバプールの本拠地)は常にこの熱量なんですよね。いつも背中を押されるというか、むしろダメな時こそ応援してくれるっていう。チームの状態が悪くなった時も、試合後には拍手して称えてくれるんですよ。俺が来てからは、ブーイングも一回もされてないんじゃないかな。クロップもそうですけど……愛があるというか。一緒に闘ってる感がありますよね」

Getty Images
Getty Images

「序列最下位」から1年足らずで中心選手に。

 昨年、日本からきたプレミア初挑戦の30歳がリバプールのスカッド入りを果たしたとき、すでにシーズンは始まっていた。当然、序列は最下位から。だが逆境を跳ね返すのが遠藤の神髄である。もともと、一気に全てを掴み取るタイプでもない。信頼も実績も一歩ずつ。カップ戦で経験を積み、リーグ戦でも出場機会を徐々に増やしていった。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Getty Images

0

0

0

前記事 次記事