#1079
巻頭特集

記事を
ブックマークする

「日本人になりたいと思った一番の理由は…」ジョシュ・ホーキンソン、日本代表の“万能”センターは修士号の持ち主

激しい競り合いが必至のゴール下では、この男がキーマンになる。日の丸への熱き思いを胸にフロアを駆け抜け、3Pシュートを沈める――。修士号を持つ帰化選手は自信を覗かせながら、W杯への決意を口にした。

 中国がNBA選手のカイル・アンダーソン(ミネソタ・ティンバーウルブズ)をメンバーに入れたように、ごく一部の強豪国を除くと、アメリカからの帰化選手は代表チームが成功を手にするうえで欠かせない存在になっている。

 日本も例外ではない。4年前のワールドカップでは、ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)が日本国籍を取得したことにより、ホームでオーストラリアを破るなど4連敗からの8連勝で予選を突破する原動力となった。

 東京五輪後に男子日本代表のヘッドコーチとなったトム・ホーバスは、献身的なプレーとハードワークが持ち味のルーク・エヴァンスを帰化選手として代表に招集していた。しかし、今年2月にジョシュ・ホーキンソンが日本国籍を取得すると、2月23日に行われたW杯予選のイラン戦から早速起用した。

代表デビューとなったイラン戦では豪快なダンクシュートを決めた AFLO
代表デビューとなったイラン戦では豪快なダンクシュートを決めた AFLO

 ホーキンソンは身長208cmのビッグマンだが、機動力とシュート力を兼備している。NCAAディビジョンIのワシントン州立大時代には、3年連続で一試合平均10本以上を記録するなど、リバウンドでも大きく貢献できるのが強み。

 日本代表デビューとなったイラン戦では、23分28秒の出場時間で17点、11リバウンド、4アシストを記録し、日本が96対61で大勝する要因になった。ホーバスHCはイラン戦後にこう語っている。

「ジョシュのデビューは素晴らしいものだった。彼は3ポイント、ダンク、フローターなどで得点できる。パスもすごくいいし、それがイランに大きなダメージを与えたと思う。ディフェンスを読む能力も高い」

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Kiichi Matsumoto

0

0

0

前記事 次記事