記事に戻る

イチロー「大輔は唯一かもしれないね。僕にとっては」 引退・松坂大輔を《同志》だと語った理由…第2回WBCで体はボロボロになっていた

レッドソックスで1年目に15勝、2年目の2008年には日本人投手歴代最多の18勝をあげた松坂大輔 / photograph by Hideki Sugiyama 2002年のライオンズ時代に投球する松坂 第2回WBC準決勝のアメリカ戦で投球する松坂 ©Naoya Sanuki 第2回WBCにてハイタッチするイチローと松坂 ©Naoya Sanuki 第2回WBC優勝を決め、イチローは松坂に笑顔でハグした ©Naoya Sanuki 2009年、第2回WBCの宮崎キャンプにて

レッドソックスで1年目に15勝、2年目の2008年には日本人投手歴代最多の18勝をあげた松坂大輔(photograph by Hideki Sugiyama)

レッドソックスで1年目に15勝、2年目の2008年には日本人投手歴代最多の18勝をあげた松坂大輔 / photograph by Hideki Sugiyama 2002年のライオンズ時代に投球する松坂 第2回WBC準決勝のアメリカ戦で投球する松坂 ©Naoya Sanuki 第2回WBCにてハイタッチするイチローと松坂 ©Naoya Sanuki 第2回WBC優勝を決め、イチローは松坂に笑顔でハグした ©Naoya Sanuki 2009年、第2回WBCの宮崎キャンプにて

ページトップ