記事に戻る

女性アスリートの「卵子凍結」という選択 スノーボード竹内智香が賛否両論を覚悟して公表した理由

今月で37歳、6度目のオリンピック出場となる2022年北京大会へ向けて再び歩み始めた竹内智香。その決断の背景には「卵子凍結」という選択があった / photograph by Asami Enomoto 5位で終えた平昌五輪を最後に一線から遠ざかっていた竹内 ©︎Ryosuke Menju/JMPA 2014年ソチ五輪スノーボード女子パラレル大回転で銀メダルを獲得 ©︎Naoya Sanuki/JMPA スッキリとした笑顔を見せながら思いを明かしてくれた ©︎Asami Enomoto 2010年バンクーバー五輪 ©︎Kaoru Wtanabe/JMPA 2014年ソチ五輪 ©︎Naoya Sanuki/JMPA 2014年ソチ五輪 ©︎Naoya Sanuki/JMPA 2014年ソチ五輪 ©︎Naoya Sanuki/JMPA

今月で37歳、6度目のオリンピック出場となる2022年北京大会へ向けて再び歩み始めた竹内智香。その決断の背景には「卵子凍結」という選択があった(photograph by Asami Enomoto)

今月で37歳、6度目のオリンピック出場となる2022年北京大会へ向けて再び歩み始めた竹内智香。その決断の背景には「卵子凍結」という選択があった / photograph by Asami Enomoto 5位で終えた平昌五輪を最後に一線から遠ざかっていた竹内 ©︎Ryosuke Menju/JMPA 2014年ソチ五輪スノーボード女子パラレル大回転で銀メダルを獲得 ©︎Naoya Sanuki/JMPA スッキリとした笑顔を見せながら思いを明かしてくれた ©︎Asami Enomoto 2010年バンクーバー五輪 ©︎Kaoru Wtanabe/JMPA 2014年ソチ五輪 ©︎Naoya Sanuki/JMPA 2014年ソチ五輪 ©︎Naoya Sanuki/JMPA 2014年ソチ五輪 ©︎Naoya Sanuki/JMPA

ページトップ