F1ピットストップBACK NUMBER

レース観戦の視点が劇的に変化した!?
ピレリの採用でF1は未知の世界へ。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/03/17 10:30

レース観戦の視点が劇的に変化した!?ピレリの採用でF1は未知の世界へ。<Number Web> photograph by AFLO

合同テストでのレッドブルのピットクルー。タイヤを巡る戦術変化は過去にもたびたびあったが、今回ほど劇的にレースを変えたものは無かったかもしれない……

新タイヤの導入でレース観戦の視点が劇的に変わる!

 しかし、ピレリのタイヤは燃料消費によるラップタイム向上幅よりも、タイヤの性能劣化のほうが大きくなるケースが多いという。

 具体的には15周前後から著しく性能が劣化し出すという。つまり、あるタイミングを過ぎると、走れば走るだけラップタイムが降下し始めるというのである。

 この傾向が改善されないまま、シーズンに突入すれば、今年のF1の戦い方はピットストップをできるだけ引っ張る戦いから、ラップタイムが向上しているうちは粘って、落ち始める直前にピットインするというのが正解となる。

 しかも、その瞬間がいつ訪れるのかは、戦っている当人たちですら予想できない難しい問題で、レースはかつてないほどの緊張感に包まれた戦いとなるだろう。幸い、現在のF1はインターネットでリアルタイムでレース中のラップタイムを注視することができる。

 タイヤの変更は、レースを行う者たちだけでなく、観戦者にとっても新しい時代への突入となるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
レッドブル
マーク・ウェバー

F1の前後の記事

ページトップ