SCORE CARDBACK NUMBER

開幕戦延期で変化した
'11年シーズンの戦力構図。
~今季の可夢偉が期待できる理由~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/03/24 06:00

開幕戦延期で変化した'11年シーズンの戦力構図。~今季の可夢偉が期待できる理由~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

復帰2年目にかけるシューマッハー。バルセロナテストでトップタイムを出し復調の兆し

 スペイン・バルセロナで開幕前最終合同テストが行なわれていた3月11日、東日本大震災が発生し、F・アロンソ、J・バトン、L・ハミルトン、小林可夢偉らが被災者へのお見舞いの言葉を述べた。この日、初めてトップタイムを出したのはM・シューマッハーで、メルセデスGPは遅れ気味だったニューマシン熟成開発を進めることに成功。オフテストを締めくくった。

 今年、開幕戦バーレーンGPがキャンセルされた事態は、'76年にアルゼンチンGPが政情不安によって中止となり、第2戦ブラジルGPに開幕がずれ込んだケースとよく似ている。結局、この年は全16戦とされ、富士スピードウェイ「F1世界選手権イン・ジャパン」が最終戦となり、J・ハントが1点差でN・ラウダを逆転し決着を見た。現時点でFIAはバーレーンGP延期開催にこだわっていて、5月1日まで待ち、日程を調整する方針だ。3月27日オーストラリアGPから開幕するものの、全20戦か19戦か不明のままシーズンインすることとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 497文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新・黄金世代の挑戦。

Sports Graphic Number 775

新・黄金世代の挑戦。

 

関連記事

F1の前後の記事

ページトップ