F1ピットストップBACK NUMBER

「首を切っていたかも…」F1バーレーンGP“車体真っ二つで大炎上” お手柄ヘイロー、求められる原因究明

posted2020/12/04 17:02

 
「首を切っていたかも…」F1バーレーンGP“車体真っ二つで大炎上” お手柄ヘイロー、求められる原因究明<Number Web> photograph by Getty Images

グロージャンはまさに炎の中から生還。大波乱後のレースを制したのはハミルトンだった

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 起きてはならない事故が発生した。

 第15戦バーレーンGPの決勝レースで、スタート直後に激しいポジション争いを行なっていたロマン・グロージャン(ハース)がダニール・クビアト(アルファタウリ)と接触。コントロールを失ったグロージャンのマシンはコースアウトし、ガードレールに時速221kmという高速で激突。その衝撃で車体はグロージャンを乗せたモノコックとその後ろに搭載されているパワーユニット部分から真っ二つに裂け、大炎上した。

 幸いグロージャンは自力でコクピットから脱出に成功し、最悪の事態は回避。その後、グロージャンは検査のためにヘリコプターでバーレーン国防軍軍事病院に搬送された。衝突時の衝撃は53Gとも言われているが、幸い骨折などのケガはなく、手に負ったやけどの治療を行っている。

「炎に包まれている光景を見て急に心配に」

 レースはすぐさま赤旗中断となり、大破したマシンの撤去とガードレールの修復作業などを行い、約90分後に再開された。しかし、多くのドライバーが精神的に複雑な思いで、レースに臨んでいた。

「ロマンがぶつかってきたときは少し怒りを感じたけど、直後に彼のマシンがクラッシュして炎に包まれている光景がミラー越しに見えて、急に心配になり、彼の無事を願っていた」(クビアト)

「今日のレースで一番大事なことは、グロージャンがマシンから歩いて出てきたことだ。他のことはどうでもいい」(エステバン・オコン/グロージャンと同じフランス人)

「ガードレールにめり込み、炎に包まれたマシンから自力で脱出するなんて、なんという素晴らしい男だ。彼が早く帰宅し、マリオン(妻)と子供たちに会えることを祈っている」(ケビン・マグヌッセン/チームメート)

「僕は今日、表彰台を逃したけど、このようなことが起きた日には、それは大きな問題ではない。一番大事なのは、グロージャンがいまも僕らとともにいることだ」(セルジオ・ペレス/3番手を走行しながら、残り4周でリタイア)

【次ページ】 「ガードレールが彼の首を切っていたかも…」

1 2 NEXT
ロマン・グロージャン
ダニール・クビアト

F1の前後の記事

ページトップ