SCORE CARDBACK NUMBER

表舞台に見事返り咲いた、
歴戦の猛者・箕内の提言。
~ラグビー日本W杯に向けて~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2011/03/03 06:00

表舞台に見事返り咲いた、歴戦の猛者・箕内の提言。~ラグビー日本W杯に向けて~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

早大戦で2トライをマークした箕内。代表戦45試合で主将を務め、48キャップは歴代5位

 長い腕を広げて、チームを落ち着かせる姿には、観戦する側まで包容力が伝わってくる。ピンと伸びた背筋。ピッチを圧する存在感。日本代表主将として2度のW杯を戦った箕内拓郎が、秩父宮のピッチに帰ってきた。

 昨春、NECからトップウェストのNTTドコモへ移籍するや、チームはリーグ戦、トップリーグ昇格をかけたチャレンジシリーズを全勝の快進撃。初出場の日本選手権では1回戦で才能集団・早大を66対43で叩きのめしてみせた。

 圧巻は早大が2点差に迫った後半26分だ。早大ゴール前の密集から、箕内は2人のタックルを強引に突き破った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 668文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将の言葉学。~2011年のリーダー論~

関連記事

箕内拓郎

ラグビーの前後の記事

ページトップ