NumberEYESBACK NUMBER

苦節51年、三洋電機が掴んだ
“ラストチャンス”。
~初のトップリーグ王者に!~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2011/02/15 06:00

苦節51年、三洋電機が掴んだ“ラストチャンス”。~初のトップリーグ王者に!~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

山田はプレーオフMVPと今季ベストフィフティーンのダブル受賞

 概ね40歳以上のラグビーファンの頭には、あの映像が深く刻まれているはずだ。

 曇天の下、黒いジャージーを着た神戸製鋼のイアン・ウィリアムスがタッチ沿いを走り抜ける。追うグレーのジャージー、ワテソニ・ナモアの腕が宙を泳ぐ。イアンがインゴール中央まで回り込み、細川隆弘が逆転のキックを蹴り込む。観客席で宮地克実監督が茫然と立ち尽くす……。

 それから20年を経たトップリーグのプレーオフ決勝当日。朝のミーティングで三洋電機のメンバーが見た映像には、そんな無念の場面が、これでもかというほど収められていた。

「じゃあ、リラックスしていこう」と飯島均監督が声をかけると、チーム最古参のPR相馬朋和は目を腫らして、「こんなの見せられて、リラックスできるわけないじゃないですか」と言い返した。「すぐに試合をしたくなった。試合まで3時間待つのがもどかしかったよ」とトニー・ブラウンは言った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

山田章仁

ラグビーの前後のコラム

ページトップ