Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[証言で辿るプロ1年目]川崎フロンターレ「それでも、ひたすらゴールを目指して」

posted2023/06/24 09:01

 
[証言で辿るプロ1年目]川崎フロンターレ「それでも、ひたすらゴールを目指して」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

Getty Images

筑波大学での4年間を糧に、プロとしての第一歩を踏み出した2020年。チーム内での激烈な競争、そしてコロナによるリーグ戦の中断――。その全てを乗り越え、なぜ彼は圧倒的な結果を残すことができたのか。ともに戦い続けた先輩と同期の証言から、デビューイヤーの深層を紐解く。

 あれほどのインパクトはそうそう見られるものではない。2020年、プロ1年目の三笘薫は、想像を超えるスピードで成長していった。川崎フロンターレで30試合に出場し、13得点12アシストを記録。J1リーグでは新人最多得点記録に並び、初年度からベストイレブンに選出された。今やプレミアリーグのブライトンの主力として活躍する三笘にとって、川崎フロンターレでの日々は間違いなくキャリアにおいて重要な時間だった。

 2020年の川崎は、異質なチームを築き上げていた。それまで軸としてきた「4-2-3-1」のシステムを、この年から「4-3-3」に変更。各ポジションではハイレベルな競争が繰り広げられていた。例を挙げても、最前線ではレアンドロ・ダミアンと小林悠が、中盤は守田英正と田中碧が、最終ラインではジェジエウ、谷口彰悟、車屋紳太郎がしのぎを削っていた。

 当時、三笘と同じく大卒新人だった神谷凱士(かいと)は、川崎のレベルの高さを目の当たりにし、衝撃を受けていた。

「本当に周りのレベルが高くて、練習についていくのがやっとという状態でした。練習から強度も高くて、不甲斐ないプレーをすれば厳しい言葉を掛けられることもありました。それでもオンとオフがちゃんと区切られていて、競争していてもみんな仲が良かった。サッカー選手としてどうあるべきかを学んだ1年でした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
NumberWeb有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3843文字

NumberWeb有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

三笘薫
川崎フロンターレ
神谷凱士
イサカ・ゼイン
小林悠

Jリーグの前後の記事

ページトップ