SCORE CARDBACK NUMBER

好調を維持するセルティックス。昨季ファイナルの敗戦を糧に。

posted2022/12/27 07:00

 
好調を維持するセルティックス。昨季ファイナルの敗戦を糧に。<Number Web> photograph by Getty Images

攻守で牽引するセルティックスの若きデュオ、ブラウン(中)とテイタム(右)。名門を18度目の優勝へと導けるか

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

「NBAではこういうこともある。悪いことじゃない」

 12月10日にゴールデンステイト・ウォリアーズ、12月12日にロサンゼルス・クリッパーズに敗れて今季2回目の連敗を喫した後、ボストン・セルティックスの暫定ヘッドコーチ、ジョー・マズーラはそう断言した。

 セルティックスは開幕から好調なスタートを切っている。シーズン直前にヘッドコーチのイーメイ・ウドカがチームポリシー違反で1年の活動停止処分という逆境を乗り越え、ジェイソン・テイタムやジェイレン・ブラウンらを中心にまとまり、現時点で優勝候補ナンバーワンだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 633文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ボストン・セルティックス
ジョー・マズーラ
イーメイ・ウドカ
ジェイソン・テイタム
ジェイレン・ブラウン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ